人気のグレード・おすすめのグレードは?

20S、20X、20G、ハイウェイスター、ハイウェイスターG、ハイウェイスターVエアロモード、ライダー、ライダーSエディション、ライダーブラックライン、ライダーブラックラインZZ、さらに各グレードのアドバンストセーフティ パッケージの有無や2WD・4WDを掛け合わせると、かなりの数のグレードが存在するセレナですが人気のグレードやおすすめのグレードを紹介します。

No.1
「ハイウェイスター Vセレクション+SafetyⅡ」

2,799,360円 (消費税込)
エアロパーツやローダウンサスペンションで外観をスタイリッシュに仕上げるハイウェイスター、比較的若い世代にも受け入れられるデザインが人気のポイントとなりセレナの人気グレードNo.1です。Vセレクションでは両側ともワンタッチスライドドアやLEDヘッドライトなど装備、SafetyIIとしてアラウンドビューモニターやディスプレイ式ルームミラーなどが装備される。

No.2
「ハイウェイスター Sエディション」 (低価格版)

ハイウェイスター 2WD
ハイウェイスター 2WD
2,398,680円 (消費税込)
ハイウェイスターからラクジュアリーな装備を省くことでコストパフォーマンスを追求したグレード、低価格ながら実用性を重視してワンタッチスライドドア(助手席側)やエマージェンシーブレーキも標準装備。ハイウェイスター標準グレードから省かれた機能は本革ステアリングやサスペンションやホイール・オートエアコンやアイドリングストップなど。

No.3
「20X Vセレクション+Safety」

2,506,680円 (消費税込)
デュアルオートエアコンや両側ワンタッチスライドドアなどの標準装備に加え、安全面ではエマージェンシーブレーキや車線逸脱警報機能も装備、コストパフォーマンスに優れ「20X」との価格差はプラス5万円程度に抑えられている。「20X」との違いは、両側ワンタッチスライドドアとタイヤの種類ぐらい。


外観は気にしない+最小限の機能という方には
「20X Vセレクション+Safety」

20X 2WD
20X 2WD
2,704,320円 (消費税込)
追突防止のエマージェンシーブレーキやS-HYBRIDなどの主要な機能を標準装備し、エアコンやシート生地や両側ワンタッチスライドドアなどの最小限の装備に抑えたグレード。これをベースにオプションで必要な機能を追加したり、安全面を重視するならばSafetyパッケージを選ぶのがおすすめ。

外観は気にしない+機能は充実させたい方には
「20G」

20G 2WD
20G 2WD
3,016,440円(消費税込)
追突防止エマージェンシーブレーキやS-HYBRIDはもちろん、さらにインテリジェントエアコンやイージークリーンのシート生地、両側オートスライドドア、15インチアルミホイールなどの機能面での装備を充実させたラグジュアリーなグレード。

雪国では4WD+寒冷地仕様

ここであえて説明する必要はありませんが、日常的に雪国で走行する方には4WDと寒冷地仕様のオプションは外せません。特にセレナは比較的重量のありフロントエンジンのため、2WDでは雪道の上り坂なのでフロントタイヤが空転して前に進まないということが良くあります。

日産セレナの購入時の値引きについて、相場を徹底的に調査しましたので、是非ともお役立てください。